サウィンのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

※黒猫式のやり方です

今宵はサウィンサバトのやり方について。

10月31日の最終収穫祭をサウィン(ハロウィン)といいます。
最後の収穫物を蓄え、厳しい冬を乗り越える準備をするこの季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。

 

魔女のサバト、ハロウィン、サウィンの魔術|黒猫魔術店

 

サウィンでの女神と男神

 

第二収穫祭である秋分のメイボンから少し経ち、大地は最後の収穫を迎えます。
冬に向けて日照時間や作物が少なくなるこの頃、太陽神である男神は「死」を迎え旅立ちます。
そこで大地の女神が春になって復活するのをじっと待つのです。

 

私たちは最後の収穫物を蓄え、厳しい冬を乗り越える準備をすると共に、死者の国へ旅立った者達に思いを馳せます。
死なくして再生はなし。その理解と感謝を捧げましょう。

 

サウィンの祭壇の飾り方

 

  • 骸骨、髑髏、幽霊、ジャックオランタンなどを飾ります
  • 大釜の中に奉納用の黒キャンドルを準備します
  • ランタン用の白キャンドルは燭台に立てて用意します
  • パチュリーやミルラなどの闇の魔術に使うハーブでお香を調合します
  • カボチャ、カブ、林檎、ザクロ、ホットワイン、ナッツ、ジンジャーブレッド等を供物として飾ります
  • 怒りや悲しみ、病気、悪癖、悩み等を書いた羊皮紙を用意しておきます

 

 

みんなができる簡単なサウィン

 

  • 骸骨、髑髏、幽霊、ジャックオランタンなどを飾る。
  • 収穫物をお供えした皿を家の外に出す(死者のため)
  • 林檎を土に埋める(死者が食べる)
  • カボチャ、カブ、林檎、ザクロ、ホットワイン、ナッツ、ジンジャーブレッド等が主な食べ物
  • 過去や未来のために占いをする(交霊術のように呼び出す術は禁止)
  • 怒りや悲しみ、病気、悪癖、悩み等を書いた羊皮紙を大釜の中で焼く
  • 春夏秋冬のサイクル(運命の輪)に思いを馳せる

 

実際の儀式の流れ

 

こちらはインボルクのサバトセットに付属する説明書から一部を抜粋して記載しております。

詳細のやり方は説明書をご覧ください。

 

魔法円の召喚

 

1.東向きに祭壇を設置します。

 

2.瞑想とグラウディングをします。

 

3.お香とキャンドルに火をつけます。

 

4.ベルを3回鳴らします。

 

5.魔法円を構築します。

 

6.東を向き、利き手に持ったアサメイで五芒星を描きます。

 

「東の門番に命ずる。吹きすさぶ風の御力によりて、我は東の門を開かん。」

 

7.南を向き、利き手に持ったアサメイで五芒星を描きます。

 

「南の門番に命ずる。燃え盛る炎の御力によりて、我は南の門を開かん。」

 

8.西を向き、利き手に持ったアサメイで五芒星を描きます。

 

「西の門番に命ずる。とめどなく流れる水の御力によりて、我は西の門を開かん。」

 

9.北を向き、利き手に持ったアサメイで五芒星を描きます。

 

「北の門番に命ずる。大地に根付く土の御力によりて、我は北の門を開かん。」

 

10.円周を時計回りに歩きながら詩編を唱えます。

 

「主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。
あなたの栄光は天の上にあり、みどりごと、ちのみごとの口によって、ほめたたえられています。
あなたは敵と恨みを晴らす者とを静めるため、あだに備えて、とりでを設けられました。
わたしは、あなたの指のわざなる天を見、あなたが設けられた月と星とを見て思います。
人は何者なので、これをみ心にとめられるのですか、人の子は何者なので、これを顧みられるのですか。
ただ少しく人を神よりも低く造って、栄えと誉とをこうむらせ、これにみ手のわざを治めさせ、よろずの物をその足の下におかれました。
すべての羊と牛、また野の獣、空の鳥と海の魚、海路を通うものまでも。
主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。」

 

11.祭壇に戻り祭壇の上にワンドで無限大のマークを描きます。

 

12.供物や飲み物を捧げます。

 

13.ベルを3回鳴らします。

 

祈りの歌

 

「万物の源ケテル、コクマー、全能永遠の力。
月の支配者ディアナよ。夜を支配するニュクス、魔術師の母ヘカテ、
エレメントを支配する四大の精霊たちよ。
天上の星ウラヌスと大地ガイアよ。山羊の角を持つ有角神よ。
貴方がたの御力で命は生まれ、捧げられ、我らは生きることができる。
この場この時に我らはまみえ、偉大な自然と共にある我らを祝福下さい。アーメン」

 

サウィンの儀式

 

1.ベルを3回鳴らします。

 

2.ワンドを掲げます。

 

3.大釜の中に置いた黒いキャンドルに火をつけます。

 

4.大釜の火で羊皮紙を焼き捨て灰にします。

 

5.ベルを9回鳴らします。

 

6.白色のキャンドルをサウィンのお香の煙にくぐらせ浄化します。

 

7.白色のキャンドルはディナーテーブルやランタンに用います。

 

8.ヘザーを大釜に捧げます。

 

9.林檎などのサウィンの供物を捧げ、次の1年間の占いをします。

 

10.ベルを3回鳴らします。

 

11.ケーキとワインの儀の後の晩餐は無言で行い、霊魂に祝福を捧げます。逆順に食べます。(デザート、メイン、スープ、前菜の順)

 

魔法円の退去

 

1.利き手にアサメイを持ち祭壇の上に水平にかざします。

 

2.東を向きアサメイで五芒星を描きます。

 

「東の門番、風の御力に感謝しつつ東の門を閉じん。汝のあるべきところへ帰るべし」

 

3.南を向きアサメイで五芒星を描きます。

 

「南の門番、炎の御力に感謝しつつ南の門を閉じん。汝のあるべきところへ帰るべし」

 

4.西を向きアサメイで五芒星を描きます。

 

「西の門番、水の御力に感謝しつつ西の門を閉じん。汝のあるべきところへ帰るべし」

 

5.北を向きアサメイで五芒星を描きます。

 

「北の門番、土の御力に感謝しつつ北の門を閉じん。汝のあるべきところへ帰るべし」

 

6.東(正面)を向きアサメイを掲げます。

 

7.祭壇にアサメイを置きます。

 

8.ベルを3回鳴らします。

 

9.祭壇を片付けます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。