ユールのサバトのやり方・意味・祭壇の作り方

※黒猫式のやり方です

今宵はユールサバトのやり方について。

12月22日の生誕祭をユール(クリスマス)といいます。

ユールに復活をとげた太陽神の男神にと、この季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。

 

ユール(クリスマス)のサバトのやり方|黒猫魔術店

 

ユールでの女神と男神

 

ハロウィン(ソーウィン)で1年間の恵みである収穫祭が終わるといよいよ冬を迎えます。冬至の日、憂鬱な冬の眠りについた新たな生命に思いを馳せながら、大地の女神から太陽の男神が再生する喜びを祝いましょう!クリスマスの元になっているサバトです。

 

ユールの祭壇の飾り方

 

事前に祭壇を用意します。サバトのテーマカラーを使い、季節の飾りやハーブと供物、四大属性を配置します。

 

 

ユールを表す象徴物や食べ物

 

  • ツリー、フルーツ、スパイス、ヒイラギやヤドリギ、パイン、シダー、ローズマリー、ベイ、ジュニパー等を祭壇に飾ります
  • 大釜の中に赤、緑、赤のキャンドルを準備します
  • フランキンセンスやミルラなどのハーブでお香を調合します
  • 林檎、オレンジ、ナッツ、キャラウェイの実のケーキ、豚肉料理等を供物として飾ります

 

祭壇の一例

 

 

  • 赤色、緑色、白色、ツリーのキャンドル(火)
  • 聖杯、大釜、髑髏の水槽(水)
  • お香、香炉、オイルバーナー(風)
  • ペンタクル、オーナメント、リース、ヒイラギ(土)
  • 信仰のシンボルはケルト十字
  • 2017年の黒猫魔術店ユールの祭壇

 

 

  • 赤色、緑色、白色のキャンドル(火)
  • 聖杯、大釜(水)
  • お香、香炉、ベル、箒(風)
  • ペンタクル、クリスマスツリー、祈りのリースパン、モミの花束(土)
  • 信仰のシンボルはケルト十字
  • 供物はドライフルーツのパン、林檎のパウンドケーキ、ウェルチ
  • 2017年の黒猫魔術店ユール当日の祭壇

 

ユールサバトの伝統料理を黒猫的研究|黒猫魔術店

 

  • 赤色、緑色、白色、黒色のキャンドル(火)
  • 聖杯、大釜(水)
  • お香、香炉、ベル、箒、オイルバーナー(風)
  • ペンタクル、クリスマスツリー(土)
  • 信仰のシンボルはケルト十字、ガネーシャ
  • 供物はシュトーレン、鶏肉と根菜のハーブ焼き(蜂蜜がけ)、林檎、ケーキ、シチュー、ウェルチ
  • 2018年の黒猫魔術店ユール当日の祭壇

 

 

  • 赤色、緑色、白色のキャンドル(火)
  • 聖杯、大釜(水)
  • お香、香炉、ベル、箒、オイルバーナー(風)
  • ペンタクル、クリスマスツリー(土)
  • 信仰のシンボルはケルト十字、ガネーシャ
  • 供物はシュトーレン、クッキー、ウェルチ
  • 2019年の黒猫魔術店ユール当日の祭壇

 

みんなができる簡単なユール

 

  • 鉢植えや切り出し株のツリーを作る
  • ドライフルーツ、シナモン、ドライローズ、ポップコーンやクランベリー、スパイス、鉱物等でツリーを飾る
  • 暖炉等でオークやパインの薪を燃やす
  • ナッツ、林檎等の果物を食べる
  • ハイビスカスや生姜入りの紅茶を飲む
  • 林檎酒、キャラウェイの実のケーキ、豚肉料理を食べる
  • 祭壇はパイン、シダー、ローズマリー、ベイ、ジュニパー等で飾る

 

実際の儀式

 

こちらはサバトの道具を購入するにあたり、説明書から一部を抜粋して記載しております。

詳細のやり方は説明書(note有料記事)をご覧ください。

 

「片付け」について

 

サバトで使った供物は人間が食べるようにします。

儀式終了時、または次のサバト前までには、祭壇のキャンドルや道具は適宜分別して捨てます。

大釜の中に残ったロウや水、ハーブなどが入っている場合はすぐに綺麗に片付けます。

しかし次のサバトまでキャンドルや祭壇はそのままという人もいます。

 

またサバトで使用したキャンドルや、奉納したハーブは神聖な力があるとされ、お守りにする人もいます。

キャンドルは瞑想時や特別な日のディナーテーブルに使用することができます。

(ただしキャンドルマジック等の願掛け魔術の儀式ではキャンドルは新調しなければなりません)

 

ユールのグッズいろいろ

 

黒猫魔術店ではマジカルオイル、お香等販売しています。