ブードゥーや藁人形・呪いについての黒猫的考察1

貴方の言霊は大丈夫ですか?

今回は、「呪い」について考察していきたいと思います。
黒猫魔術店ではブードゥー人形や藁人形、惑星護符など、「呪い」としても使用する事の出来るものが御座います。
そもそも、本当に「呪い」とは存在するのでしょうか。
生きた人間が憎悪等で他人を呪う事はできるのでしょうか。
また死人が怨念等で生きた人間を呪えるのでしょうか。

 

藁人形やブードゥー人形の呪いのやり方や意味|黒猫魔術店

 

のろいは、まじない

 

呪いとは、憎悪や怨念、恨みや妬み、羨ましい気持ちを「呪」として 言霊を介して呪い(まじない)をかける事を言います。
科学的にそのプロセスを解明することは、まず心を解明しなければならないので 現代の科学での考察は出来ませんので、あくまでも私の考察として捉えてください。

 

気持ちや言葉は波動(周波数)を持っていますから それを発する・発しないに関わらず「思念の塊」になって漂います。
これはポジティブでもネガティブでも起こります。
ポジティブな言葉を言っている人はラッキーが起こりネガティブな場合ではその逆…という事もあります。

 

思念の塊だけで相手を呪えるか

 

ではこの「思念の塊」を相手に浴びせる事によって本当に呪えるのか。
これはイエスでもありノーでもあります。

 

どんなに相手を呪いたくてネガティブな言葉を浴びせていたとしても、 その相手が鋼のメンタルか或いは重度の鈍感であったならば全く意味のないことです。
そう、相手はその言葉をネガティブだと認識していなければ、呪いではありません。

 

一般的な方々は、相手からどう思われているか等の対人について気にするのが普通でしょうから 相手から嫌われているとなればどうしてだろう等と悩み始めるでしょう。
思念とは、そうして人を縛るもの…これが「呪」(シュ)なのです。

 

ですが、我々魔女のように修行を積んでメンタル強化すればこれは回避できますし、 又は根っからの鈍感で楽天家の人であれば呪を「全然気にしない」こともあります。
皆さんが訓練すれば、他人からの悪影響は受け流すことが出来るようになります。

 

恨みや妬みのはけ口が人形

 

呪い…それは結局の処、本人の自己満足なのです。
怒りや悲しみ、妬みや恨みを積もらせてつい、開口せずには居られなくなる。
何かで晴らすための、はけ口が必要になる。そのはけ口として考案されたのが、人形呪術なのです。
そう、それは本当の意味で「身代わりの人形」なのですよ。

 

人形呪術の際の、人に見られてはいけないルール。
これもネガティブな波動や行動を人に見せてしまったら…逆に自分が批難されるかもしれません。
それは所謂「呪い返し」という事ですね。

 

いえ、別に人に見られなくても、呪いを行う本人も鋼のメンタルでなければ呪い返しに合います。
何故なら、そのネガティブな言霊を自分が言うわけですから、当然自分もその言葉も耳に入ります。
つまりその思念の塊は自分の元で漂うのです。
そのネガティブに負けない人しか、実は呪いなんて使えないのです。

 

理不尽な行いには因果が応える

 

しかしながら、こちらに非は無いにも関わらず理不尽に攻撃されれば魔術も使いたくなるでしょう。
その場合は魔術を使う前に、心に留めておいて欲しいことがあります。

 

理不尽な攻撃というのは、非があるかないかは貴方が決めることではなく因果が決めることです。
因果の大いなる力の下でそれに反した行いをした場合、本人に気づかせようとして必ず事象が起きます。
皆さんはこれを天罰と呼んでいます。
因果は自然の、宇宙の法則なのですが、これにも思念という波動は働きます。

 

例えば「悪い行いをした」ということが潜在意識下に罪悪感として残っていると、 意識(つまり現実の世界)で事象が起こります。
後ろめたさという形で。皆さんはこれを「バチが当たる」と呼んでいます。
脳科学の話をしていますが、これはどの宗教でも幼児レベルで理解できる道徳です。

 

ですからムカついたからといって呪いをかけるなんてことはせず、まずこのプロセスを理解してください。
本当に貴方に非がなければ、貴方が呪いなど施さずとも因果が助けてくれます。
しかし貴方にもはけ口が必要でしょうから、人形があるのです。

 

一番いいのは、因果に任せて貴方は時間をかけてその怒りを鎮め、許すことです。
許すというのは受け入れるということです。
そうしなければ貴方はいつまでたっても、因果という自然の力を味方にすることは出来ない。
何をしてもうまくいかないとか、チャンスが巡ってこないとか、ネガティブなままで生きることになる。
…それでもいいと仰るなら私は止めはしません。全て貴方の修行ですからね。

 

ヴードゥーのページへ!
↑ヴードゥー人形はこちら

 

藁人形のページへ!
↑藁人形はこちら

 

コメント

  • こんにちは。
    蜜猫さんの考察は、いつも、感心してしまいます。
    因果や、呪いなど、日常で実は、当たり前に起こっていると、みなが、魔術や、スピリチュアルとか関係なく、きちんと、自分と向き合えてたら、スピリチュアルヒーリングとかでいう、ブロック解除だの、魂の癒やしだの、いらなくなるのでしょうね。
    かくいう私も、蜜猫さんの、呪やまじないの見解に触れるにつれ、けっこう、自分に、呪をかけてた事に気づけました(笑)
    幼少期のものは、自己防衛でしょうが…
    スピリチュアルでいう、ブロック解除って、ようは、自分にかけてた呪を解く事のように感じます。
    そういうのを、人に頼らなきゃできないのも、なんだかなー…って、感じですね。
    魔術や、まじないなどは、ほんと、自分がしっかりしてないといけないと、おっしゃる意味がよく解りました。
    おかげで、藁人形についても、少し怖さが減りました(笑)
    なにせ、人形恐怖症といってもいいくらいな人でしたが、蜜猫さんの藁人形も、少し愛らしく見えてきました(*^^*)

  • こんにちは。そうですよね、呪いって影響が結構大きいんです(;’∀’)
    日本人だから…と一言で済ませてしまうと問題があるでしょうが、やはり幼少期の教育や家庭環境などが深く関わっていて、自尊心や自己認証の観念を育みづらいことがあるのでしょうね…。
    逆に言えば、きちんと勉強したり心を育むことができれば解決されるわけで…
    目に見えないもののせいや、神様(環境)にすがったりするのでは、同じことの繰り返しになってしまいますよね。
    そういう根本的なことを、スピの人たちはもっと教えていくべきですよね。
    人形の怖さが少し減って良かったです(笑)まさか藁ちゃんがお役に立てるなんて(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。