【金枝篇】類感呪術・感染呪術を脳科学で考察2

呪いという概念について

今宵は呪術を学問的に解説するお話です。
前記事である「ブードゥーや藁人形・呪いについての黒猫的考察1」(無料)がございます。

先日、「魔術vs心理学」のコミュニケーション編で「呪い」についても解説したのですが、言霊等に宿る呪術はとても面白く、きちんと仕組みを解って使えば良い方向でも使えるのです。

 

藁人形やブードゥー人形の呪いのやり方や意味|黒猫魔術店

 

呪術とは

 

そもそも呪術とは、

 

  • 祈祷や占いなど、シャーマン的存在が神託を行う術
  • 薬草や毒草などの知識を利用する術
  • まじないや心霊でコントロールする術

 

に分けられます。

 

魔術書と言われる金枝篇では、呪術について記された項目があります。
呪術には大きく分けて二つあります。

 

ここからは有料になります。noteへジャンプする

 

この記事の読みどころ

 

この有料記事では主に、金枝篇に記された類感呪術・感染呪術について記しています。

有料版なので体液云々のきわどいところ、具体的なやり方アドバイスまでご紹介しています。

また自分を呪いにおとしめないようにする注意など。

 

こんな人におすすめ

 

  • 人形呪術儀式のイメージをもっと定着させたい
  • イメージするにあたってどんな道具を用意すればいいか知りたい
  • 具体的にどのDNAを用意するか知りたい
  • 恋愛の見立ての詳しいやり方を知りたい
  • 金運の見立ての詳しいやり方を知りたい
  • キットの説明書よりも詳しいやり方を知りたい
  • 「運が悪い」を直したい

 

人形呪術のやり方はこちら

 

詳しい呪術のやり方は

藁人形呪術のやり方(無料)

ヴードゥー人形呪術のやり方(無料)

 

人形呪術のキットの販売