祭壇ウィッチボトル・香りと味覚をイメージする術

馬鹿げた思想ではなく脳科学です!

今宵はハーブ魔女と呼ばれる魔女の、祭壇ウィッチボトル(ハーブを入れた瓶)について考察していきたく思います。

黒猫魔術店では、願いに合わせて数種類のハーブを調合・詰めたウィッチボトルを販売しています。
これらは一体どういった仕組みなのかという事を明確にお伝えしておきましょう。

どれも脳科学を使った、昔からある魔術です。

 

ウィッチボトル、ハーブボトルに関する魔術的能力、使い方、意味|黒猫魔術店

 

ケルトのハーブを使った魔術

 

ケルトでは自然の力を取り入れる事により魔法のような力を得る事ができると云われていました。(=魔術)
ドルイドと呼ばれる司祭様たちは、樹木に宿る神聖なパワーを研究しました。

 

やがて薬効のある植物(ハーブ)で、病気や怪我を治癒する術を会得していきます。
医学や科学、薬学などが発達していなかった頃、それは現代でいうホリスティックであり、 当時の人々の目にまるで「魔法」のように映ったことでしょう。

 

故にハーブは古来から神聖な力を持つと言い伝えられています。
やがてハーブを扱う、膨大な知識量を持つ者を「魔女」と呼びました。

 

ハーブが使われてきた歴史

 

当時は特にペスト等の感染症・流行り病を恐れ、月桂樹を沢山敷き詰めて予防したり、 ローズマリーやセージを塗って(殺菌)予防したりしていたようです。
魔女の言い伝えでは「セージを植える家は長生きする」とか 「引っ越しをする時には月桂樹も植え替える」とか 「窓辺にバジルを植えると恋人が現れる」など、ハーブに関するおまじないが多数あるのです。

 

一重におまじない…と言っています。
さぞかし馬鹿げた思想だと、私は何度も避難されています。

 

私はお医者様でも漢方士でも御座いませんので、医療方面については言及しませんが (でもハーブに含まれる成分はどんな作用があって、どのお薬との飲み合わせが禁忌なのかは勿論心得ております。 ハーブを扱う者としてこれは一番重要なのです)
ハーブティー等で体に入れたり、湿布として使うことは勿論いいことです。
しかしそれは誰でも知っているし、検索で調べて貰えばいいでしょう。

 

私が今ここで言いたいのは、 何故、そんなおまじないが有効なのかという事です。
魔女学のハーブ学の方面の話ですよ、脳科学からご説明しましょう。

 

術の仕組み1:ハーブの香りで脳を刺激する

 

まずは「香り」に関することから。

嗅覚というのは脳にダイレクトに電気信号を送る事が出来る器官です。
(大脳辺縁系に送るのですがここって範囲がとても広くて、未だよく解明されていない部位なのですが)
魔術では、私たち人間の肉体・精神はエネルギーで出来ていると教えられますので、 その電気信号エネルギーでもっていかに脳味噌の普段使われていない部分を使うかで、 術の精度や成功率などを左右するか…ということは以前にお話しした通りです。

 

お香やマジカルオイル等も、ハーブの精油から作られています。
例えばラブオイルは濃厚な花の香で気分を抑揚、興奮させる成分をもった精油を入れます。

 

私、イランイラン=催淫作用…とか言うのが嫌なので、ちょこっとお付き合い頂きたいのですが、

例えば、イランイランに含まれる酢酸ベンジル(エステル類)や、 サンダルウッドのα‐サンタロール・β‐サンタロール(特徴成分)や、 ローズのダマスコン(ケトン類)、 ジャスミンのcisジャスモン(特徴成分)など、 これらが催淫作用があるとしてラブオイルとしてブレンドされます。
これ、香りの成分であって、食用成分ではないので勘違いしないように!

 

因みに余談ですが、ゲラニオール等のモノテルペンアルコール類は興奮作用があって、 しばしばラブオイルにブレンドされます。
モノテルペンアルコール類はだいたい甘くて、とてもいい香りなんですよね。

 

つまり、香りを制する者は魔術を制する!
願いに合った香りを選ぶ事は重要です。

 

術の仕組み2:ハーブの味をイメージして脳を刺激する

 

さらに、ハーブの良いところは味覚を使えることです。
私は、願掛けの時には五感をフル活用させよ!と常々言っていますが、 味覚はどうするのよ?!という質問が多々きます。

 

そもそも魔女は粗食です。主食は葉っぱのようなものです。
私は肉は食べませんし、小麦や米も極力摂取を控えています。
むやみな殺生を禁じているからです。

 

なので味覚は結構鈍感なのかもしれませんが、感覚はとても鋭いのです。
その秘密のプロセスを公開しましょう、なんて事は無い、ただの脳科学です。

 

例えばレモンを想像します。
実際にテレビ等で映像を見たり、隣の人のレモンティーの香りを嗅いだだけでもいいです。
とにかく想像します。するとそれだけで口の中に唾液が出てきませんか?
同様に、甘い物、塩辛い物、苦い物でも、想像すると本当はそこにはないのに唾液が出てきたり、 苦手な食べ物であれば吐き気を感じたりするでしょう。

 

これは脳の仕組みの一つで、私たちは想像しただけで実際にそれを手にしていると脳が錯覚してしまうのです。
引き寄せの法則や、魔術の願掛けの儀式も同じような脳の仕組みを使っています。

 

魔女の家には必ず、ハーブ瓶が窓辺に飾られているといいます。
それは魔除けであったり、ラブマジックであったりのハーブを術として使っていたのでしょうが 蓋をしたままの瓶では上記に挙げた香りマジックは発動されないですよね。

 

ウィッチボトル、ハーブボトルに関する魔術的能力、使い方、意味|黒猫魔術店

 

しかし魔女たちは知っていたのです。
ハーブは視覚的に見ただけでもその神聖なパワーを発揮することに。

 

例えば、ローズヒップティーを飲んだ事がある人ならば、そのお味を想像できると思います。
あれはビタミンCの爆弾とも呼ばれる程で、とても酸っぱいのですよ。
もしも貴方がお客人で、窓辺にローズヒップの瓶が置かれていて、それを目にしたら… 口の中いっぱいに唾液が広がりますよね!

 

それと同じです。
昔は今よりもハーブを嗜んでいる人が多かったですし、それがどんな味がするかを知っていました。
窓辺にミントやセージが置かれていたら、さぞかしスースーしたことでしょう。
それは人への魔除けの意味でもあり、また悪魔(病魔)祓いにもなったことでしょう。

 

こちらの術では、祭壇ウィッチボトルとして、黒猫で販売しています。
ハーブを見て楽しんで、インテリアにもしたい人はこちらの方でしょう。

 

想像力を軽視することなかれ!
そのエネルギーは時に、自分自身を鼓舞させ、悪魔を祓う強力な魔術の糧なのです!

 

ウィッチボトルのページへ!
↑その他のウィッチボトルのページはこちら↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。