魔女・スピリチュアルブーム本当の霊視・除霊・霊の世界とは

霊の一般的な常識と違う世界

今宵は霊視や除霊、いわゆる霊の世界、スピリットの世界の問題について魔術視点から考察。

某雑誌等の影響で魔女や魔術、スピリチュアルがブームになっている危険性について苦言を呈します。

除霊は意味ない。なぜなら本人の心に神は棲むから。

 

スピリチュアル神に依存するとは|黒猫魔術店

 

霊の世界を知らずに魔術できない

 

前回の記事

魔女・スピリチュアルブームの情報間違いや嘘悪循環

の続きと言うことで綴っております今夜の話題は、霊の世界にまつわることです。

 

日本人は比較的、心霊現象や神様仏様を信じやすい国民性だと思いますが、本当の意味で理解している人はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

または、前回話した「簡単に願いを叶えたい」人ほど「霊的な」ものを知らないと術を扱えないと思いますが知っていますか?

逆に、「霊的な」ものを信じないのに願いを叶えようとしていますか?

 

私はこの話を呈する時、「何を非科学的なことを言って!」と叩かれます。

でもこれは多くの魔術師(例えば黄金の夜明け団しかり)、民族・人類学者(金枝篇のジェームズ・フレイザーなど)、あとは脳科学や深層心理学者(ユングなど)によって研究されてきたテーマでした。

 

でも初めにお断りしておきますが、これは上辺だけしか見ないスピリチュアルとは違います。

彼らは本当に底の底まで研究し、体験したのです。

 

霊の世界と関わる

 

しかしまずは私の話を少しだけしておきます。

私は霊と関わる家系に生まれており、ここでは子供は生まれつき霊感を持って生まれるさだめがあります。

そして私の祖母がそういう仕事をしており、幼い頃から山や神社などに修行に行かされました。

 

そんな背景がある私は、幼い頃から「霊とどのように関わるのか」「どうやって関わるのか」を知っていました。

私はもしかすると今現在もこの次元にいないかもしれません。

私の中ではそれほど、この世界(物質界としておきます)とあっちの世界(霊の世界)の区別がよくわかりません。

 

でもひとつだけ、間違いなく言えることは、霊の世界のことは正しいということです。

物質の世界の常識、法律、人間の科学的技術や考え方、どれをとっても、霊の世界の「絶対」には及ばないと思います。

それは何故か?と言われても、私はきっと説明できません。

訓練や修行をなんぼか受けた私でも、です。とにかく霊の世界のことは納得させられます。

 

霊の世界から知識を得る

 

なぜそう言い切れるかと言うと、霊の世界の感覚(チャンネルと言ってもいいかもしれません)が物質界と違うからです。

物質界では5感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を使って物事の判断をします。

例えば本を読む時は、速読をするにしたって初めから終わりまで視覚を使いますよね。

しかし霊の世界では本に書かれた内容が一瞬でわかります。

それは視覚情報だけじゃなく、身体の周り360度1m範囲内にブワッと入ってくる感じ。私は何の5感も使っていません。

 

そうやって入ってきた感じたもの、知識、ストーリーは全て納得させられる内容で物質界に持ち帰ることができます。

私はこの方法で鉱物やハーブ、魔術のやり方、カバラなど様々なものを見てきました。

特に鉱物の意味が、いわゆる「パワーストーンの意味」と違うのはこのせいだと思います。

 

例えば長い歴史の中で伝言ゲームが違ったり途絶えたり、宗教によって改宗させられてミックスされたりします。

そうすると本来意図しない意味が伝わることだってあります。

逆に今の常識は千年後は全く別の意味になって、それが真実だと言われているかもしれません。

 

魔術はイメージが大事

 

これを個人的に見る(例えば霊視をするなど)か、全体的に見るか(例えば社会情勢を知る)は違いはあれど基本的に霊視ってそういうものだと思っています。

これは日本で言われている「霊視」の意味と違います。知らせてくれることなら全部わかります。

霊が知らせてくれればね。

 

黒猫魔術店ではこの霊の世界とどのように関わるか、そのやり方を魔術セミナーなどで教えています。

魔術はimage、すなわち想像を使っています。

でも妄想したり絵を描いたり作曲したりする想像とは少し違います。

その想像のやり方を教えていますし、かの偉大なる先人たちもこれらを研究していたのです。

 

深層心理に根付く神話ストーリー

 

魔術がイメージが大事と言うならば、イメージするのに必要なものって何ですか。

私はイメージする人の脳や心の在り方、言語が大事だと思っています。

当然です。深層心理下にあるものがイメージとして喚起されるからです。

 

ではその深層心理ってどこにあるんでしょう?

人間が深層心理下の根底に抱いているものは?

私は歴史や神話、神様仏様だと思っています。

 

ご実家の宗教がどんな宗教かという話ではありません。

そうではなく、子供の頃に聞かせられた日本昔話、怖い話、ギリシャ神話や中国やインドの神話でもなんでも良いです。

その中に「悪いことをすれば罰が当たる」とか、さるかに合戦やかちかち山のように「ヒーローが勝つ」みたいな物語。

これらは日本では古事記や、ギリシャ神話、エジプト神話、ケルト神話など多くの神話の中に似たようなストーリーがあります。

すなわち神話ストーリーに沿って物語が展開しています。

 

最近の作品を出せば進撃の巨人もワンピースも、神話のストーリー展開が必ず見受けられます。

そして神話ストーリーは世界や言語関係なく、どんな人でも共感できるもの。

スターウォーズもこの神話ストーリー展開でできています。

 

ルーツはどこか

 

前置きが長くなったのですがここからが本題です。

魔術ではイメージが大事なんですが、深層心理にこういった神話がある以上、私たちはそれを元に無意識にイメージしていることになります。

だったらどんな神様なのか? どんな霊的な存在なのか?

スピリットなのか妖精なのか、妖怪なのか鬼なのか、エイリアンなのか。

そしてそこの土地の古い歴史や自分のルーツって何か?

これを知らないと真髄に辿り着けません。

 

どんなに簡単な魔術やおまじないをしたろころで、叶わないとなるのはこのためです。

つまり、自分はどんなに努力したくない・簡単に手に入ってほしいと思っても、深層心理下で「努力した人は成果が出る・ヒーローになる・怠け者や悪人はきまって良くないことが起きる」と思ってしまいます。

 

某雑誌社で言えば、表紙の金色の部分をこすったら金運が上がると言っている人がいるようですが、もしこれが本当の魔術だとしたら努力をすれば叶うかもしれません。

でも何のリスク・見返りを差し出さずに、怠惰な心で、脳の意識変容も行われない・想像のかけらもないのは、魔術じゃない。

しかもどこかで「こんなん叶わないよな」って思ってる。

 

魔女・スピリチュアルブーム本当の霊視・除霊・霊の世界|黒猫魔術店

 

そうではなく、私が言いたいのは金運が欲しければノームに地脈を教えて貰ったり、ハニーサックルの花の精に蜜を分けて貰ったり、シルフに伝達速度を速めて貰ったり、山に行って蛇を拝んだりするんですよ。

意味がわからない人にとっては「はい?」って感じですが、この意味がわかる人の解釈はこうです。

 

  • 大地の精霊ノームは土属性のスピリット。土属性は金銭や財産。地脈はエネルギーの流れやチャンス。教えて貰うには捧げものが必要。
  • ハニーサックルは和名スイカズラでその花の蜜は甘く食用。香りは金運のマジカルオイルにもなり祭壇に飾れば花の香り漂う。
  • シルフは風の精霊で伝達と言語能力を高める。風の声は直感力も高める。ポプラの木の下に行ってざわざわしたらそこにいる。蜂蜜好き。
  • 蛇は豊穣神で大事にしたり供物・捧げものと開墾の努力で力を貸してくれる山神・土地神。

 

この意味は全て深みの知識の中、そして先人たちが研究してきた神話の中、人間の本能(深層心理)の中にあるんです。

 

神様に会いに行く

 

私は2019年になってやっと日本の神様について勉強しました。

それまでは日本よりもイギリス、インドの神様が好きでした。

実際イギリスやインドネシアでの修行を経て体験し、これらの神様はとっても好きです。

 

でも同時にどうして私は日本に生まれたのだろうと疑問に思いました。

日本が嫌い、日本人が嫌い、アメリカの食事は嫌だったけど学校は良かったな、と思っていた程です。

しかしある時、霊的な世界(私の場合は後ろにいる先生の導き)によって日本の神社を巡る旅に出ます。

 

その土地に住む人々の歴史、風習、信仰が築き上げた神様。

それらは現在、日本各地から霊視や占いや魔術具製作依頼を承る私にとって必要だったと思います。

 

例えばきつねさんを信仰していた一家が代替わりの際に信仰の相続を忘れていました。

その一家は氏神様も熊野さんの豊穣神、きつねさんも稲穂加えた豊穣神、しかもご実家は農家でした。

つまるところ豊穣の力が逆向きに作用して、この一家は困りはて、私に相談されました。

霊視のご依頼を受けた時からきつねさんに攻撃されまくってぜーはーしていた私でしたが、会話を続けていくうちにぽろっと総本山である京都伏見稲荷に挨拶へ行った話になりました。

するときつねさん、おお伏見のかみさんに会ったのか、そうか、と御納得してくれて、私も仕事を果たすことができました。

 

除霊の意味がわかんない

 

霊視の話でもうひとつ。

除霊する霊媒師がいますが、私的になぜ除霊をするのか、そんな意味ないことをして自分を傷つけるのかが分かりません。

 

私が霊の世界で教わったことは、霊は相手のimageの中にいるので他人が取り除くことはできない。

例えばそのイメージをそっくり交換したり(意識変容)、ズタズタに壊せば、可能かもしれません。

霊視と除霊ってセットになっている霊媒師多いと思いますが、何をしているんだろう?と思います。

 

例えば霊の世界の住人にお願いして霊を一緒に上げてもらう、これは可能だと思います。

でもそうすることに何の意味が? いち人間がそんな神のようなことをしていいのか?

その存在はいる理由があっている、勝手に決めていいわけない。

 

仮に除霊したとして、本人のイメージが以前と同じままだとまた同じものが憑りつく。

ずっと除霊を繰り返すことはできないし、それはただの依存関係になってしまいます。

自分で解決できる方が絶対的にいいのに、どうしてそのやり方を教えないのか。

 

誰でも霊の世界を見れる

 

とは言ってもそんなことは誰にもできないだろう!と言われます。

いえ、残念ながらどんな人でもできますので、私が特別なわけではありません。

むしろ、現実の世界で一生懸命働き、常識的に、一般的帰属意識でやっている皆様には申し上げにくいのですが、霊の世界と通じた方が超ラクに生きられるため、私はその方法を魔術を通して教えているわけなんです。

 

おまじないでも、魔術でも、やりますか?

ぜひやってください。体験することは大事なことです。

 

でもそこからどんどん下に降りてきて、真理や仕組み、深層心理や神話、象徴物、勉強をしてください。

そうすると魔術をしなくても良くなります。悩まなくてもよくなります。

勉強はやろうと思えば誰にでもできるし、どれを選ぶかも自由です。

自分で本を買って独学するのもいい、黒猫魔術店に習いに来るのもいい、でもそれをしないのはこういった術を簡単に考えてラクをしたい怠惰だと私は思います。

 

黒猫魔術店は多くの魔女さん方がいらっしゃいます。

知識を得て卒業していきます。それが今後の人生と魂に生かすかどうかも自由です。

この学問は底がありません。もっと研究してもいい。他の先生に学ぶのも全然あり。

 

黒猫魔術店はいつも思います。

「物質世界の視点での利益よりも、霊的な世界の役に立つ」が私の使命だと思っています。

古くて源流である、真実の歴史や神話、その在り方。これを教えると魔術具も占いも霊視も必要なくなります。

私はそれがいいと思います。たぶん私は物質界で生きてないんでしょうね(笑)。

 

霊的な世界のまとめ

 

難しい話を脈絡もなく話してしまいまして、今見返して稚拙ではありましたが、ここにまとめを記しておきます。

 

  • 魔術にはイメージが必要
  • 霊の世界へ行くためにはイメージが必要
  • ただし想像力(絵を描いたり曲を作ったり)とは違います
  • 簡単にできるおまじないや魔術は存在しない
  • 簡単や新しいものではなく、深みの深層心理、神話、ルーツが大事
  • 深みを知ることによって魔術やおまじないは必要なくなる=悩まなくなる
  • 黒猫魔術店ではその方法を教えている
  • 除霊は意味わかんない。

 

以上です。ここまでありがとうございます。蜜猫でした!